産婦人科のwifi導入☆おすすめ6社

一般的な産婦人科病棟においてのwifi導入について

TOP > 産婦人科のwifiの導入情報 > 一般的な産婦人科病棟においてのwifi導入について

一般的な産婦人科病棟においてのwifi導入について

妊産婦の方や生理症状関係、その他の女性特有の症状などで、多くの診療者・受診者などである女性の方が通われる産婦人科においての、いわゆる「wifi導入」 に関しての話になります。
現在のところ、どちらかと言えば、やはりエコー検査やCTスキャンなどにおいての電波的な面での影響が、それらの関連諸機器類へ及ぶなどといった理由で、同科病棟・診療棟内にある各施設では、導入がされていないような傾向があります。
特に、地方にある産婦人科をはじめとする一般診療・病棟とかにおいても、なるだけ医療機器類などへの電波関係による影響を少なくしていくといった事情で、設置そのものを禁止にしているようなところも少なくはありません。
確かにあったほうが便利な面に越したりした事はありませんが、それでもやはり、機械類への影響で患者さんや受診者・診療者である方々への病症状面での影響があったりした場合には、決して問題が無いとは言えないところがあり、難しい現状があります。


それでは、何か来院中に急かつ重要な連絡とかが、受診者・診療者である女性の方本人が持つ、携帯やモバイルの各種端末などへ通知をされたりした場合にはどうしたら良いのか、そうした事態などがあるからこそ、せめて待合室などにwifi導入や設置とかをやっていくべきだ、などといった声などもある場合もあります。
しかしながら、そうした声などに対しては、電波の状態などもやはり、各自が利用をしている端末毎による強度や周波数とかのある程度の違いといったものがありますので、そうした面を考えたりしてみると、産婦人科の施設内での設置等に関しては、考えさせられるところが少なくはありません。
現在では持ち運びなども大変便利なwifiルーターなどの機器類もあったりしますが、これなども確実に周囲への何らかの影響が無いとは言えない現状もありますので、課題が無いではありません。


以上に今まで書いてきた内容を踏まえてみた上で、やはり、余程の電波の影響を回避出来る何らかの形態での設備が無ければ、中々導入や設置とかが難しい現状・実態がありますので、本当に課題であると言えるところが少なくはありません。
もし、wifi導入による設置を何の対策もしていない医療機関や病棟の施設とかで行ったりした場合、それにより医療機器類や心臓ペースメーカーなどを装着をされている方とかへ影響が起きたりした際には、その事態のケースによっては最悪な結果という事も招いたりしかねない場合も、十分にあり得ます。
そうした事情を考えてみると、それなりの慎重さを持ちながら、そこの医療機関等が対策を立てていかなくてはならない実態も窺えます。
医療機関の1つでもある産婦人科などにおいてはとくに、こうした面での配慮は重要であると、考えられます。

次の記事へ

TOPへ