産婦人科のwifi導入☆おすすめ6社

産婦人科にもwifiを導入しないと

TOP > 産婦人科のwifiの導入情報 > 産婦人科にもwifiを導入しないと

産婦人科にもwifiを導入しないと

女性が出産をするには産婦人科で時折診察してもらい、最終的に出産時は入院生活をすることが避けられない時代となっています。
今は多くの人が暇さえあればスマホをいじってどこでも眺める時代なのでインターネットのない環境下での待合室や入院生活はかなりつらいと感じる人も増えてきています。
そんなわけで今では多くの産婦人科もさることながら、それ以外の病院など医療機関でも患者さん用のためにwifiの導入が進んできています。
患者さん用のwifiは院内のどこかに無料で入れるためのIDとパスワードが公開されていて、使いたい人はそれを見て設定画面に打ち込んでログインすることが可能になります。
これで自身のスマホの通信容量の使いすぎで通信制限を受けて画面が見えないとか、速度低下して利便性が悪くなったという問題を回避することができます。


ただこの患者さん用のwifiを導入では1つ目に気を付けることとして医療スタッフ用のwifiとはまったく別物にしておかなければなりません。
というのは医療スタッフ用のwifiを患者さん用に公開してしまえば、大事なデーターを盗まれてしまいかねないからです。
2つ目に気を付けることは患者さん用のwifiを導入するにあたって、医療機器や医療スタッフ用のwifiに対して電波障害での悪影響を与えないようにしなければなりません。
というのは医療機器に悪影響など与えてしまうと肝心な場面で医療機器が誤作動して患者さんの命を危うくしかねないからです。
そのためにも患者さんや医療スタッフ用のwifiなどは導入に際しての電波障害対策のための確認や、導入後のシステムメンテナンスを含めてwifiサービスを行っている専門スタッフに行ってもらわなければなりません。


3つ目に気を付けることは患者さん用のwifiにアクセスしてる人は複数存在することです。
その人たちは全くの他人同士なのでセキュリティー対策として別の患者さんの端末の中に入り込んで情報をのぞき見されたりしないように気を付けないとなりません。
これを怠ると街中やどこかのホテルやお店などの公衆無線LANと大差なくなってしまいます。
この問題を回避するには無線セパレータ機能が欠かせません。
もちろんアクセスポイントと端末間の通信の暗号化は言うまでもありません。
なお産婦人科内のwifiは大抵は他の病院などと同様に天井や壁に貼り付けられる形で設置されています。
そのため家庭のwifiのように機器から配線がむき出しになってたり、機器周辺の掃除が厄介になったりなどもなくすことができるようになります。

次の記事へ

TOPへ